日本の食事自給割合の低さに驚いてしまいました

日本の食料自給百分率について、先日書物で読み実情を知って非常に驚いた。日本の食料自給百分率は、現在カロリー礎ミックス自給率で39%だという。こういう成績が高いのか低いのかよくわからなかったのですが、調べてみると大国の中でも最低度合なようで。こんなに日本の食料は自給できていないのか?とビックリしてしまいました。
最近では何故食料自給百分率が低いのかというと、農業トラブルと食べ物にプライベートが隠されて要る。農業人口は知ってのとおり、昔と比較しても大幅に減少していて、若者の農業別れが進んでいることもあり、就労ヒューマンも高齢化している。つまり後継者がいないし、しかも耕地面積も減少してしまっていらっしゃる。誰も作ろうとしなければ和風は自給できるわけないですよね。そうして食べ物のトラブル。昔は和風といえばお米!として、邦人は手広くお米を食べていましたが、現在ではパンとかパスタとか肉とか様々なものを食べています。昔の質素な料理では満足できなくなってしまった邦人は、本国のものではなく輸入してきた各種種々のごちそうを食べようとしています。輸入グッズは価格も安いですしね。
様々なトラブルが重なって日本の食料自給百分率はこのように低くなってしまいました。自給百分率を引き上げる策略は私には思いつきませんが、多少なりともこく様のごちそうを食べたり、そんな関心点検から始めるのが我ら人々にはマキシマムいいのかなと思います。ぜひとも今後も日本の農業が衰退することなく旨い日本のごちそうを食べていけたらいいなあと思っています。詳細はこちらへ